3日連続の山登り

今日は前日に続き小田急を利用し、7時に秦野駅で下車。

P1000128_2 超お気軽ハイキングコースで、浅間山・権現山・弘法山・吾妻山への縦走だ。

  

P1000130  

 

 P1000133

 

 

とは言え、標高は最高でも244m。今までの1200m級の山とは大違いである。

今日はこの夏最高の暑さだったが、ルートは木々に覆われており、意外と快適だった。

P1000131 途中には何カ所も休憩場所があり、秋になったら缶ビールを担いでまた来たいと思えるところだった。

 

鶴巻温泉駅まで歩き、公共の温泉施設で汗を流し、11時半には自宅に帰ってこられた。

| | コメント (3)

大山登山

昨日に続き、今日は大山である。

帰りに温泉に入れ、家からも近く、軽装備で行けるところというのが選択した理由だ。

6時前に自宅を出て、大山ケーブル駅に着いたのは7時半。

ところがケーブルカーの始発は9時。事前に調べなかったのが悪いのだが、御嶽山は始発の時間だったのに。。。

P1000113 少し迷ったが、待っているのも馬鹿らしいので、男坂から登っていくことにした。

  

 

大山は子供の頃に登頂した覚えがあり、高尾山程度のつもりでいたが、この男坂は坂とは名ばかりで、ケーブルの駅まで殆ど階段だった。coldsweats02

前日より更に軽装備だったため、この階段は堪えた。流石に前日までの疲労も蓄積していて、特に踵が痛かった。

P1000125 ケーブル駅より上も、「大山ってこんな山だった?」と思うほど、結構きつかった。そのきつさから、下山の際すれ違う人から何回も「あとどのくらいですか?」と聞かれた。

 

帰りはケーブルカーで下山。予定していた温泉はケーブル駅から10分ほど下にあるのだが、疲労はピークに達していたため、駅から一番近い旅館で入浴して帰宅した。

| | コメント (2)

大岳山

今日から仕事は休み。

富士山用に揃えた道具を眠らせてしまうのは勿体ないので、軽く足慣らしでもしようと御嶽山から大岳山へのハイクを決行した。

P1000084

P1000089 ケーブルカーを使い8時半には御嶽神社に到着。ガイドによるとここから2時間半で奥多摩駅まで行けるというので、軽い気持ちで出発する。 

 

途中に水場が2カ所あるというので、水も最小限しか持たず、装備も軽装備だ。

ところがこれが大失敗。そもそもガイドブックの行程時間が間違っていて、実際には5時間の行程。おまけに大岳山は奥多摩三山の一つだそうで、かなり危険なところも通り、滑落事故も過去には多々あったようだ。

大岳山の頂上へは、岩を掴んで登るようなところもあり、軽装備で望んだことを心から悔やんだ。

P1000109 なんとか頂上に辿り着いたものの、天気は曇りがちで全く視界が開けない。晴れていれば富士山などが鮮明に見られる筈だったのだが。。。

 

P1000112 ここから今度は鋸山を目指す。途中人一人がやっとというような崖の上を歩いたり、急な登りを超えたりして、何とか鋸山へ。 

 

このあたりから雲行きが怪しくなり、遠くの方から雷の音が聞こえてくる。。。

あわてて下山を試みるものの、水場の位置を間違えて水補給がままならなくなり、激しい上り下りで足が動かなくなっていたことも重なり、気ばかり焦り出す。

雷が段々近づいてくるが、避難するところもない。おまけにもう一山越えなければならないことがわかり、これがまた完全に全く何もない頂上で、本気で死の恐怖を味わう。

土砂降りの中、もつれる足で何度も転びそうになりながら、何とか民家のあるところへ辿り着いた時には、頭の中は真っ白だった。

途中外に水道のあるお宅を見つけ、水をわけてもらい小休止。

ペットボトル2本の水があっという間にお腹の中へ。その後、ずぶ濡れとなりながら、駅近くの温泉を目指して歩いているときに、事件が。。。

頭上に雷が落ちたのだ。

本当に奇跡かもしれない。ちょうど温泉へ繋がるトンネルに入った瞬間、ものすごい閃光と地響きだった。

一歩遅かったらと思うとぞっとした。

温泉は混雑しており、整理券を配り入場制限をするほどだった。

温めの湯にゆっくりと浸かり、足の疲労が癒えたところで帰路についた。

次回はちゃんとした装備で望まないと。。。

| | コメント (2)

富士登山

グッズを色々と揃え、準備は整った。いよいよ今日は富士登山の日だ。

いつもよりゆっくりと出社。11時半頃、予定よりやや遅れて会社のある赤坂をチャーターバスで出発する。

P1000032

いきなり首都高の入り口閉鎖と、その後の東名の渋滞などにより、予定をかなりオーバーして富士宮五合目に到着。

体を慣らし16時頃、八合目の山小屋「赤岩八合館」を目指し登頂を開始。

途中までは快調に登っていくが、6合目を過ぎた頃から少しずつ空気の薄さが感じられるようになり、それとともに足が重くなっていく。

P1000041  

 

 

登頂開始が遅かったため、山小屋への到着時刻が気になったが、休み休みだが何とか高山病になることもなく、予定の3時間半で山小屋へたどり着くことができた。

山小屋に着くと夕飯のカレーが待っていた。

はっきり言って期待していなかったが、思いの外美味しく、ルーをお代わりしてしまった。

前日皇太子が貸し切ったそうなので、その恩恵に恵まれたのだろうか???

消灯は21時。翌日は2時出発なので少しでも仮眠を取ろうとするが、周りの人の息づかいやイビキが気になり、結局一睡もできないまま頂上へのアタック開始。

前日の疲れと、酸素の薄さが体に堪える。それでも何とか予定の1時間半で無事山頂へ。

ご来光までは約1時間あまり。流石に頂上は寒く、指先も悴むほど。

持ってきたバーナーを出し、お吸い物やスープを作り同行者に振る舞いながらご来光を待つ。

P1000058 

 

 

ピークに立ちご来光を拝むと、今までの辛さも吹き飛んでしまう。

  P1000074

  

 

 

帰路は御殿場口だ。砂走りを延々と下るのだが、これが思ったより辛い。

  P1000082

 

  

  

最後は足が絡まって思うように歩けなかった。

それでも下りは何とか3時間半で御殿場口にたどり着き、御殿場高原ビールを堪能しての帰宅となった。

| | コメント (4)

富士登山に向けたグッズたち

仕事の関係で、来週末にfujiに登らなければならない。

流石にぶっつけ本番はマズイので、この週末高尾山から尾根伝いに城山を抜け相模湖に下りるコースをハイクしてみた。

歩きの時間で4時間強。高尾山は何十回と登っているし、数十年前に通ったことがあるコースでもある。

今回はfuji登山で使うグッズ類のテストも兼ねていた。

以下、買ったグッズ類。なんやかんやでかなり投資してしまった。

登山靴はLowa

Trekker_m 

 

 

 Trecking PoleはBlack Diamond

 Bd80847e 

  

 

 

 

 

 

 

Packはmacpac

Main_01_2  

 

 

  

これに偉大なモビルスーツCW-X

 Hzo549bs_itm_m1_2    

噂で実力は聞いていたが、まさかこれほどまでとは...

とにかく楽で、疲れない。今までなら筋肉痛で登山後の2-3日は苦しんでいたが、今回は全く筋肉痛がない。

トレッキング中も、登りは簡単に足が持ち上がるような感覚だし、下山時の膝へのショックも大幅に軽減される。

今回友人も同じものを着用していたが、感想は同じだった。

fujiでは大いに活躍することだろう。

それと、今回もう一つ活躍したのがCAMELBAKのHydration Systemだ。

C_1821173_tblg  

 

 

 

やはり600m程度の高尾山では殆ど気温は下がらず、猛暑の中のハイクだったので、1.5リットルほど入れたスポーツドリンクが下山途中でなくなるほどだった。

なお、ちゃんとPackに固定していたので、手も使わずに給水ができ、これはホントに便利だった。

ハイクの方だが、結局というか、いつもの事というか、失ったエナジーはBeerbeerで補給しつつ、最後は相模湖駅前のマイウな蕎麦屋でbeerに始まりbottleで閉めるという、お決まりなエンディングだった。happy01

続きを読む "富士登山に向けたグッズたち"

| | コメント (1)

95プラド

chkimg 95プラドに乗った。(乗った車と写真(車種は同じ)は異なります)

今の自分の車はランクル100だが、コイツに乗る前は私も95プラドだった。

友人の長野の別宅にお呼ばれした帰り道、疲れた彼に代わって家まで久しぶりに運転した。自分が乗っていたのは2.7L車で、彼のは3.4L車なので、体感的には全く別の車である。高速の加速も2.7L車とは全然違って楽である。

ただ、サイズ的には100より小さいく、路地でも運転しやすいはずなのだが、3年以上乗っていないと全く運転感覚が取り戻せない。ブレーキの遊びも大きく、結構冷や冷やしながらの運転になってしまった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

H3

今乗っているのはランドクルーザー100。5月に最初の車検を通したので、3.5年乗っていることになる。

ずっと最初車検の前後で乗り換えてきたので、この車は最も長く乗っている車になる。

これといって不満もなく、それこそ10年は乗れる車だと思っている。

X06HM_H3015H が、ここに来てH3を見てしまった。H1だったら食指の動かしようもないが、サイズ的にも価格的にも100とはそんなに違わないし、デザインも気に入っている。

難点は左ハンドルなこと。我が家の駐車場は右ギリギリで車庫入れするので、どうしても右ハンドル車でないと都合が悪いのだ。

これから子供の教育費も掛かるようになるので買い換える余裕などな無いのだが。。。

どうか右ハンドル車は作らないで欲しいと願う今日この頃である。(^^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)