« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

地デジチューナーカード

5/14が解禁日となったパソコン用の地デジチューナーカード。

一週間ほど前に価格コムで実質的に最安値に近いNTT-X(一応NTTの関連会社らしい)で購入を決める。(後でamazon.comの方が安かったことが判明)

I/OにするかBUFFALOにするか迷ったが、後者の方が事前の評判がよかったので、BUFFALOの製品に決めた。

DT-H50/PCI

T20080421160516_83_

 

 

 

 

I/Oのカ-ドはPCIEX × 1で、これはPCI。

大差はないけど、PCIEX × 1はサウンドカードで使っており、空きはあるのだが余裕のあるPCIスロット用のものをというのも、選択した理由だ。

実際に映してみた映像。

P1010001

 

 

 

アナログカードやワンセグなどと比べ物にならないくらいきれいに映り、コマ落ちもほとんどなく、フル画面なら十分にテレビとして使えるレベルだ。

| | コメント (0)

パーツの旅@秋葉原

GW後半戦の初日、生憎の雨にもかからずシャッターを目指して秋葉原まで出かけた。

目的は、長男に新たにVista機を組んであげること。

次男は年明け早々にPentiumⅢ-2.4CG機からC2D-E8400搭載のVista機に乗り換えていたが、長男はずっと様子見を続けていた。そんな中、円高によるパーツ価格の下落やここにきてようやく45nmプロセスのCPUが安定入荷してきたことを受け、次男と同じくPentiumⅢ-2.4CG機からの脱却に意欲を示したのだ。

次男もそうだったが、すべて自腹が前提。特に今回は、少し前に私がサブ・サブ機を組んでしまったため余りパーツがない。強いて言えばDDR2-800の1Gメモリが2×3組(*^。^*)余っているのだが、OCを前提としているため、2G×2=4Gのメモリ構成としたかったため、完璧に新品調達となった。

秋葉原についてみると、天気と時間のせいか意外と人出は少なかった。それでも、目的のショップに行くと、GW限定の特価商品目当ての客でごった返していた。

何軒かのショップを廻り、超特価のお目当て品をゲットして行った。

一番嵩張るケースと重い電源を最後に購入し、明大前の「一風堂」で昼食を摂り帰宅する。

以下が調達したパーツたち。

080503_135149_2  

 

ケース:Antec-Nine Hundred

05800510995  

  

  

電源:Abee-AS Power Silentist S-550EB

05900310887  

 

 

マザー:Gigabyte-EP35-DS4R

05405013302  

 

 

CPU:Intel-C2D-E8400

05100011436  

 

 

CPU-Cooler:ANDY SAMURAI MASTER SCASM-1000

05125510821  

 

 

メモリ:UMAX-Pulsar DDR2-800 2G×2=4G

05200912059  

 

 

グラボ:ASUS-EN8800GT

05500415719  

 

 

HDD:WESTERN DIGITAL-WD3200AAJS-B4A×2(RAID 0用 320G-1プラモデル)

    Samsung-HD642JJ×1(DATA&BACKUP用 640G-2プラモデル)

Wdfdesktop_se_aajs

 

 4997932disks525

 

 

DVD:LG-GH20NS10BL BLK

01254519106  

 

 

カードリーダー:Owltech-FA506(B)/BOX (内蔵USB) (40in1)

00577110905  

 

 

サウンド:CREATIVE-Sound Blaster X-Fi Xtreme Gamer SB-XFI-XG(これだけ流用)

05601010333

 

 

 

と言った構成。

私のメイン機より良くなってしまった。。。

長男は相当早くなったと言って、結局深夜までパソパソしておりました。>大丈夫か?受験生君

ちなみに、写真のパーツのうち、グラボ1つと640GのHDD1つは私のものです。(~~;

それにしても雨が止まずで大変でしたぁ。

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »